忍者ブログ
東京都港区の歴史
[283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区西麻布4-17-18

 内藤鳴雪が、旧麻布笄町のこの地に住んだのは、大正6年(1917)、71歳のときから没年の80歳までである。本名素行、松山藩士内藤同人の長男として、弘化4年(1847)、三田の松山藩江戸中屋敷に生まれ、11歳の時松山に帰り、藩校明教館で漢字を修め、後上京して昌平校に学んだ。
 文部省等の官吏歴任後、旧松山藩常盤会宿舎の監督となり、舎生であった正岡子規の影響を受けて、46歳から句作をはじめ、俳人として精進した。
 子規・高浜虚子中心の日本派最長老として「ホトトギス」をはじめ、多くの雑誌、新聞の俳句選者となり終始指導的役割を果たし、明治の俳句革新運動に大きな功績をのこした。古典的格調があり、平明温雅な句が多
い。
 
初冬の竹緑なり詩仙堂 鳴雪
 
  昭和53年(1978)1月 東京都港区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性