忍者ブログ
東京都港区の歴史
[282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区南青山4-28先

港区有形文化財(歴史資料)
 青山の庚申塔
           平成5年(1993)3月23日指定



 慶応元乙丑年(1865)建立のこの庚申塔は、

右 あをやま 内とうしん宿 ほりのうち
左 二十きおく□ 百人おく□ ぜんこうじ

と刻されているとおり、道しるべを兼ねている庚申塔で、当時この付近は草原で、道に迷う人が多かったために当地の山田、黒沢両氏によって建てられたものである。
 建立当時は、長谷寺方面から現在の青山通りに出るには、右へ行けば長者丸通りを経て、左へ行けば青山百人町を経て善光寺前へ出る道しかなく、この庚申塔も坂を上ってきて正面に見える方向に向いていた。
 60日に1度めぐってくる庚申の夜には、付近の人たちが山田氏宅に集まり、講の行事として庚申祭りを昭和の初期まで行っていた。
 昭和52年(1977)1月 東京都港区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性