忍者ブログ
東京都港区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在 東京都港区麻布十番1-4-6(十番稲荷神社)

 昔ある年、古川辺から燃え出した火事に此辺りすべて烏有(うゆう)に帰してしまった時、「がま池」のほとり山崎主税助の屋敷のみ類焼を免れたのは、池中にいた大蛙が口から水をふいて、さしもの猛火を吹き消したとの故事により、山崎家から万人に「上の字」様のお守が授けられました。その後末広様(当社の前の御社名)を経てわけられていました。
 その故事に因んだ「かえる」お守は火防・やけどのお守・無事かえる・若がえる・何でもかえるお守として貴ばれております。


所在地 港区麻布十番2 港区元麻布3


 樹木が暗いほどおい茂った坂であったという。以前の宮村(町)を通るため宮村坂ともいった。
  平成16年(2004)9月 港区


所在地 港区麻布十番2 港区元麻布1

 大国坂とも書く。坂の中腹、北側に大黒天(港区七福神のひとつ)をまつる大法寺があったために呼んだ坂名である。
  平成21年(2009)2月 港区


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性