忍者ブログ
東京都港区の歴史
[284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区六本木6-9 (六本木ヒルズ)

東京都指定旧跡
 毛利甲斐守邸跡
     昭和18年(1943)3月16日指定

 この地は、吉良邸討入りに加わった元赤穂藩士47人のうちの10人が預けられた長門長府藩毛利家麻布日ヶ窪上屋敷の一部である。中国地方の戦国大名毛利元就の孫に当たる秀元を初代とする毛利家は、現在の山口県下関市に藩庁を置いた外様大名(3万6千2百石)である。赤穂事件当時の3代藩主毛利綱元(1650~1709)は、56年間の在任中に家臣団の整備や財政の建て直しを図り、藩政を確立させるとともに、歌集『七石集』を著すなど、和漢の学に長じた名君として知られている。
 元禄15年(1702)12月15日、藩主毛利綱元は、家老田代要人を請取人として江戸詰藩士3百余人を大目付仙石伯耆守邸(現在の港区虎ノ門2丁目8)に遺わした。岡島八十右衛門常樹、吉田沢右衛門兼貞、武林唯七隆重、倉橋伝助武幸、間新六光風、村松喜兵衛秀直、杉野十兵次次房、勝田新左衛門武尭、前原伊助宗房、小野寺幸右衛門秀富の10人の日ヶ窪の江戸屋敷に収容された。
 元禄16年(1703)2月4日、幕府の裁きにより10人は、使番斉藤次左衛門利常(千7百石)、目付鈴木次郎左衛門福一(5百石)の立会いのもとに、この屋敷で武士の本懐を遂げた。この時、本藩である長州(萩)からも藩士が派遣されており、長府毛利家は、本来の保護を受ける立場であり、義士預りに慎重を期したことが伺える。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性