忍者ブログ
東京都港区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 東京都港区浜松町1-13-1

 この地は明治元年(1868年)から明治4年(1871年)まで慶応義塾の在った処である。福沢諭吉は築地鉄砲洲に在った家塾をここに移し、新たに塾舎を建て時の年号に因んでこれを慶応義塾と称した。あたかも明治維新の変乱に際し国中また文事を顧みる者のなかった時、この塾に集まった福沢以下の少壮学徒は、自から信ずる文明の主義に據って学問の独立を護り、わが国文運の命脈を一日も絶やすことかなかった。

 明治4年(1871年)慶応義塾跡を譲り受けた攻玉社は築地一橋邸跡から越して来て大正14年(1925年)西大崎に移るまでこの地で学校を経営した。創立者近藤真琴は和魂漢洋才、質実剛健、礼譲を重んじ誠意を旨とするを理想とし、中壮年部では英漢数の三科を主として海軍兵学校入学志願者を養成し、又他の上級学校進学希望者の為に歴史、地理、物理、化学等の諸科をも教授し後之を中学校に改めた。更に明治12年(1879年)創設した陸地測量習練所は後量地黌ー土木科ー工学校及び高等工学校と改称し土木工学の基を開いた。この外幼年部、女子部、商船黌 、専修数学科も或る期間設けられていた。

PR


所在地 東京都港区浜松町2-9

 当社は、讃岐小白の両稲荷を合祀しています。

 

 御創建は、江戸時代の文政の頃、書上によれば今より約200年前になります。

 讃岐社は、四国の高松藩の大名である松平氏の下屋敷の邸内社として御鎮座し、明治維新以降に芝新網町に開放されたといわれている。

 一方、小白社は、芝湊町(現浜松町2-13)古川際辺りに御鎮座しており、昭和13年(1938年)の区画整理の為協議の上当社に合わせ祀られた。



 御祭神は、倉稲塊神(お稲荷様)で、生成発展の守護神とともに火伏せの火神として古来より崇敬をあつめています。

     平成16年(2004年)5月15日
          讃岐小白稲荷神社 宮司 勝田勇



所在地 港区浜松町2-9 (讃岐稲荷神社・小白稲荷神社)

港区登録有形民俗文化財
  力石
      平成6年(1994)3月22日指定

 江戸時代 文化文政年間(19世紀前半)この辺りは芝新網といわれ幕府公認の網干場となり漁師・職人など町衆が住む地域でありました。当稲荷神社の祭礼には境内で「かっぽれ踊り」「浪花節」などの庶民芸能が繰り広げられ また力自慢のつわものが集い 町人衆目の中で盛んにこの力石を担いで互いに力を競いあったものです。老若男女の声援が聞こえてくるようです。
 当時の娯楽の一端が偲ばれ 後世にこの事柄を伝承して参りたいと存じます。
     平成16年(2004年)5月大祭 讃岐小白稲荷神社


所在 東京都港区浜松町1-13

 平成7年(1995年)3月まで、この土地に80年の歴史と伝統を持つ港区立神明小学校がありました。
 大正3年(1914年)に東京市神明尋常小学校として開校以来、関東大震災(1923年)による校舎焼失、戦争による学童疎開など、さまざまな困難を乗り越え、数多くの子供たちがこの学校を巣立っていきました。     
                   港区




忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性