忍者ブログ
東京都港区の歴史
[252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

所在地 港区虎ノ門3-13-6 (天徳寺)

         高芙蓉  享保3年(1722)~天明4年(1784)
 名は孺皮、芙蓉と號した。堂號を菡萏居といい、冰壑山人、三嶽道者、中嶽畫史とも號した。姓は大島氏、逸記と通稱す。甲斐の人。父尤軒の業醫を厭って弱冠京都に遊學し、名流諸儒と訂交した。特に池大雅、柴野栗山、韓天壽、柳里恭等と心契の交を結び、詩書畫篆刻を善くし、經學國典に通じ、傍ら弓馬の技を修めた。
 篆刻は尤も力を用い、當時徐々に舶載された古銅印譜、明清名家の印譜に學んで、明末俗流の流行する我國篆壇に新風を吹き込み、寛綽高石の作風を樹立し、印聖と稱せられた。天明4年(1784)4月20日江戸に卒す。享年63。
 墓石は、池大雅、大典竺當、韓大年、初世藏六、稲毛直道、二世藏六等が結縁した名碑である。
   天徳寺

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性