忍者ブログ
東京都港区の歴史
[370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区虎ノ門3-13-6 (天徳寺)

港区指定有形文化財(歴史資料)
 弥陀種子板碑
             昭和61年(1986)10月20日指定



 
 
 
 「板碑」は、鎌倉時代から戦国時代にかけて各地で造られた板状の石造物で、本来は先祖の供養など民間信仰によって立てられた塔婆の一種である。鎌倉時代には地方豪族や僧侶によって立てられたが、南北朝時代以後は庶民にまで広がり、その造立も民間信仰と密接に関連し、本来の仏教的色彩は薄れた。
 本板碑は、緑泥片岩(秩父青石)の一尊種子板碑で、高さ68cm、幅
29cm、頭部を山形に造り、その下に二段の切り込みを入れ、身部の幅は同等で変わらない。身部上半に蓮華座上に梵字「キリーク」(阿弥陀仏)を異字体で表し、下半には「永仁67月日」(西暦1298年)の銘を刻む。梵字が分断直截の薬研彫でやや浅く、年が草体で記されており、時代の特徴をよく示している。
 鎌倉時代の造立刻銘をもつ種子板碑の典型であり、港区内には稀少な存在である。
 昭和61年(1986)10月20日  東京都港区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性