忍者ブログ
東京都港区の歴史
[341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区南麻布3-12

 古川を南に望む台地の端と斜面にあるとされる貝塚です。ハマグリ・サルボウなど海水産の貝殻からなる縄文時代前期の貝塚です。当時は海水がこのあたりまで入り込んでいたことを示しています。土器の形式としては黒浜式・諸磯式が多く出土しています。
 旧町名で本村町、今の南麻布3丁目の広い地域に広がっていたと考えられますが、近年の台地上の数ヶ所での試掘調査では、貝塚はまったく確認されていません。
 古川の谷を望む台地の南斜面で、日当たりもよく、原始・古代から生活の適地であったと考えられますが、現在では開発が進み、その痕跡をわざかながらも伝えるのはここだけになってしまいました。
 昭和48年(1973)3月 (平成19年〔2007〕8月立替)
 港区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性