忍者ブログ
東京都港区の歴史
[346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


                          大雄宝殿(だいおうほうでん)

所在地 港区白金台3-2-19 (瑞聖寺)

 禅宗 紫雲山 瑞聖寺

 山手七福神
  布袋尊

国指定重要文化財(建造物)
 瑞聖寺大雄宝殿
       通用門
一棟
          平成4年(1992)8月10日指定

 紫雲山瑞聖寺は、江戸で最初の黄檗宗の寺院で、寛文10年(1670)から建設に着手し、翌寛文11年(1671)諸堂が完成しました。創建伽藍は享保11年(1726)と延享2年(1745)の2回の火災で大きな被害を受けましたが、文化年間(1894~1818)に再び整備されました。
 大雄宝殿は黄檗宗寺院の中心的建物で、身舎の外側に裳階を廻らせ、身舎の屋根は入母屋造、本瓦葺で、寺格にふさわしい雄大な規模を持つ黄檗建築の仏殿です。棟札から宝暦7年(1757)の再建と推定され、その後、何度か修理が行なわれました。二重屋根の外観や細部意匠に黄檗建築の特徴を保ちながら、組物の簡略化、正面吹放部分の化粧軒裏天井、背面一間通りの吹放、内部の両脇に畳敷床を設けるなどの特徴があり、江戸市中に残された数少ない本格的仏堂建築と」して貴重な存在です。昭和60年(1985)から63年間にかけて解体修理が行われ、仏壇回りを除いて往時の雄大な姿が再現されています。
 紫雲山 瑞聖寺



港区指定有形文化財(絵画)
  涅槃図
        平成4年(1992)10月28日指定

港区指定有形文化財(絵画)
  涅槃図
        平成13年(2001)10月23日指定

港区指定有形文化財(彫刻)
 木造釈迦如来像阿難像・迦葉像
        昭和63年(1988)10月26日指定

港区指定有形文化財(書跡)
  瑞聖寺所蔵墨蹟
        平成2年(1990)10月24日指定

港区指定有形文化財(歴史資料)
  伝真柄直基所用 野郎頭兜
        平成9年(1997)10月14日指定

港区登録有形文化財(歴史資料)
  鉄牛禅師関係遺品
        平成13年(2001)2月14日指定
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性