忍者ブログ
東京都港区の歴史
[439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区東新橋1-5-3 (旧新橋停車場)

    プラットホーム Platform
 構造 Structure
プラットホームは「盛土式石積」という構造で作られています。両側面の真下には、溝状に地面を掘って基礎石を敷詰め、その上に切石を石垣のように積んで土留め壁が作られ、内側には土が詰められました。基礎石には龍野藩脇坂家・仙台藩伊達家両屋敷の礎石などが使われました。切石は笠石を含めて6段あり、地表には笠石を含めた上3段が出ていました。最下段部分は小口面を揃えて横に並ばせ、2段目から小口面と長手面を交互に並べて積んでいます。ただし、一律的に小口面と長手面が交互になっているわけではなく、2・3段目では小口面が続く個所もあり、4・5段目では長手面が並ぶ個所もあります。

The platform was built with a compacted earth retaining wall structure.A trench was dug directlybelow both plarform edges and filled with small river boulders.Coursesof cut stone were laid on top of this foundation to build retaining walls and the space between the two parallel walls was filled with compacted earth.Stone from the foundations of the abandoned on-site residences of Lord (daimyo) Wakisaka of the Tatsuno fief and Lord Date of the Sendai fief was recycled for use in the platform foundations.The platform walls were six courses of stone high including the capstones but only the top three courses were visible above ground.The lowest course is conposed entirely of header stones running at right angles to the row.Stretchers and headers are laid alternately from the second course.However,the regular alternation is sometimes ineonsistent-there are sections of continuous headers in the second and third courses,and sections of continuous stretchers in the fourth and fifth courses.

 規模 Size
プラットホームの全長は151.5m、幅は9.1mありました。再現されたのはそのうち駅舎よりの25mです。遺跡指定の範囲に残されているプラットホームの遺構は35mです。
The length of the unearthed platform is 151.5 meters with a width of 9.1 meters.The first 25 meters of the platform behind the station building have been reproduced.Another 10 meters of the original platform remains buried within the designated historic site.
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性