忍者ブログ
東京都港区の歴史
[18] [19] [21] [20] [22] [24] [25] [26] [27] [28] [29]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在 東京都港区新橋2-15-5

<御祭神> 

倉稲魂命(くらいなたまのみこと)

天鈿女命(あめのうずめ)

瓊々杵尊(ににぎのみこと)

 

 平安時代天慶3年(940年)に平将門が東国で叛乱を起こしたとき  征討将軍 藤原秀郷が当社に戦勝を祈願したとも このとき勧請したとも伝えられている。

 室町時代の享徳4年(1455年)には室町幕府の関東管領で古河公方と云われた足利成氏は 当社に 戦勝を祈願した  その祈願状は今日も当社に宝物として伝えられている。

 江戸時代は稲荷信仰により祭礼も2月初午の日に執行せられ 稲荷祭としてその賑わいは 江戸で一二を争うものであった。

 明治以降は5月4,5,6日を祭日とし 夏祭のはしりとしてその名をうたわれている。

 当社殿は 伸びゆく新橋の地にふさわしい近代建築美の中に 神社本来の伝統を加味し昭和46年(1971年)12月 氏子の熱意により竣工をみたものである。

  昭和46年(1971年)12月  宮司 山田將夫



港区指定有形文化財(古文書)
 足利成氏文書
       昭和59年(1984)10月15日指定

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性