忍者ブログ
東京都港区の歴史
[222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区三田4-16-23 (済海寺)

 安政5年(1858)9月に締結された日仏修好通商条約により、翌安政6年(1859)8月12日、フランス公使宿館の設置となり、13日初代臨時公使ド・ベルクールらがここに駐在した。



 明治3年(1870)4月10日に公使館が引払いになるまで、宿館として使用されたのは書院、庫裏の全部で、慶応2年(1866)12月に、玄関、門、門番所などが増築されたが、明治年間その敷地に一部が分割された。
 現在の済海寺本堂敷地と西隣りの富山県東京出張所敷地が、かつてのフランス公使宿館跡にあたる。

 平成10年(1998)3月建設  東京都教育委員会


港区指定有形文化財(彫刻)
 木造阿弥陀如来坐像
          平成14年(2002)10月18日指定

港区指定有形文化財(古記録)
 外国書願留
          昭和60年(1985)10月15日指定
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性