忍者ブログ
東京都港区の歴史
[175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在 東京都港区赤坂8-11-32



 乃木公園附近は、江戸時代の初期、青山常陸介忠成が徳川家康の命をうけ、馬を乗り廻して賜わった土地で、力尽きて死んだ馬の塚を築き、駒留八幡といったという伝説がある。青山氏の敷地は現在の南北青山および赤坂7,8丁目を含む広大な地域であった。



 江戸時代末期このあたりは美濃郡上藩青山大膳亮(あおやまだいぜんのすけ)の邸地で、明治維新後この一帯は新坂町と呼ばれ、名士の邸宅街となった。



 陸軍大将乃木希典は明治12年(1879年)この地を買い求め、明治35年(1902年)新築をした。大将は大正元年(1912年)9月明治天皇のあとを追い、夫人静子とともに自害して果てた。邸宅はその遺言により東京市に寄付され、整備ののち公園として開園された。現在では、旧乃木邸を含めて区立公園として管理している。

          赤坂地区総合支所地区協働推進課






ひねり・うねり・まがれ(Hineri・Utsuri・Nagare) 1996
津久井利彰1935-(TSUKUI Toshiaki 1935-)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性