忍者ブログ
東京都港区の歴史
[296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 港区元麻布1-5-17

 江戸幕府は、慶応元年(1865)4月から、プロシアの外交使節の宿舎として、芝日本榎の広岳院をあてていましたが、翌慶応2年(1866)3月、麻布仙台坂脇のこの場所にあった春桃院(現在は南麻布に移転)に移しました。
 神奈川(横浜)駐在のプロシア領事として来日していたマックス・フォン・ブラントは、慶応3年3月に日本駐在の代理公使に昇任し、江戸に出て幕府と交渉するとき、ここを宿舎とし、事務を執りました。そこで、ここが江戸におけるプロシア公使館となりました。
 公使館として使用された建物は、本堂続きの127坪(419.1㎡)および山寄りの51坪(168.3㎡)の建物であったという記録が残されています。
 昭和50年(1975)1月 (平成21年〔2009〕1月建替)
 港区教育委員会

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性