忍者ブログ
東京都港区の歴史
[11] [9] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在 東京都港区三田2-3-7

 網町三井倶楽部本館は、大正2年(1913年)にイギリス人建築家ジョサイア・コンドルの設計で建てられました。
 ジョサイア・
コンドルは明治10年(1877年)に来日し、鹿鳴館(ろくめいかん)銀座煉瓦街をはじめ幾多の建築にたずさわり、建築の分野で日本の近代化に貢献しました。
 
この建物は、三井家の賓客接待用として建てられたもので、ネオ・バロック風の特徴を持ち、室内装飾や家具などに優美な曲線の装飾が見られます。また、建物の背後の庭園もすぐれています。
 
なお、三井倶楽部の敷地は、江戸時代には佐藤土原藩島津家、会津藩保科家(ほしなけ)の屋敷があったところで、かつては前面道路に面したところに大名屋敷の建物を模して近代に建てられた長屋もありました。

  昭和52年(1977)1月 港区教育委員会

 現在は三井不動産株式会社が所有・管理しており、使用中のため公開していません。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性